あの日思い描いた理想を現実に!【整形手術で顔面偏差値UP】

先生

なりたい目になる方法とは

二重まぶた手術

女性

目元の印象を一番手っ取り早く変えることができる美容整形手術は、二重まぶた形成術です。目元の美容整形手術には、二重まぶた形成術の他にも、目尻切開や目頭切開、上下眼瞼脱脂術、眼瞼下垂手術などがありますが、一番ポピュラーな美容整形手術はなんといっても二重まぶた形成術です。ただし、一口に二重まぶたと言っても、二重の幅をどの程度にするか、また皮膚の切れ込みの深さをどの位にするかなどによって、見た目の印象が大きく変わってきます。希望している形状によって選ぶべき美容整形手術の種類も変わってきますので、まずは理想の仕上がりイメージを自分の中でしっかりと固めることがとても重要になってきます。ただ漠然と二重まぶたにしたいという旨を医師に伝えたとしても、執刀する医師の方が戸惑ってしまいます。医師に全部任せてしまう人がたまにいますが、手術が終わった段階になってから、自分が思い描いていた状態とは全く違った状態になってしまったと文句を言う人がいます。そのようなことになってしまっては残念ですので、事前に理想の仕上がりイメージを特定し、そのイメージを正確に医師に伝える努力をすることがとても重要になります。

今後の手術方法

従来、二重まぶた形成術といえば、切開法による美容整形手術であることが一般的になっていました。しかし、10年ほど前から行われるようになった埋没法が人気を集めるようになってきています。埋没法というのは、まぶたに糸を通して二重のくぼみを作る方法です。切開法による手術の場合は、その名が示しているように、まぶたをメスで大きく切開することになりますので、術後にかなり強い腫れが生じます。また、手術中は麻酔が効いているため痛くありませんが、術後しばらくの間はまぶたの痛みに悩まされることになります。手術を受けた翌日からすぐに学校や職場へ行くことはできないため、休めない事情がある人は手術を受けることができません。でも、埋没法による手術の場合はまぶたをメスで切るわけではありませんから、それほど強い腫れが生じません。また、手術の翌日からメイクすることもできますので、日常生活にほとんど支障が出ないというメリットがあります。そのため、今後は埋没法で二重まぶたにする人が増えるのではないかと考えられています。