あの日思い描いた理想を現実に!【整形手術で顔面偏差値UP】

先生

痩せる治療

手術で痩せる方法

先生

何をやっても痩せることができなかったような人でも、必ず痩せられる美容整形手術があります。それは、脂肪吸引という名前の美容整形手術です。痩せる美容整形手術と聞くと、体を大きくメスで切り開いて、そこから脂肪の塊を切り出すような、スプラッタな手術を思い浮かべる人がたまにいます。しかし、実際に行われている脂肪吸引は、そのように恐ろしげな美容整形手術ではありません。どのような方法で手術が行われるのかを簡単に説明すると、まず脂肪を吸引したい部位の皮膚に3〜4cm程度の切開口をメスで作ります。そして、その切開口からカニューレという名前の吸引管を挿入し、機械本体に付いているポンプの力を利用して脂肪細胞を吸い出します。ごく少量の脂肪を吸引する場合は、このような機械ではなく、シリンジという名前の注射器のような器具を用いて脂肪吸引することもあります。体の内部はそれなりに大きなダメージを受けることになりますが、体の表面に残る傷跡はほんの小さなものなので、傷跡がコンプレックスになってしまう心配はありません。また、食事制限や運動をする必要がない方法であるため、何度もダイエットを失敗していたような人でも確実に痩せることができます。

最近の脂肪吸引

脂肪吸引の際には、目で直接見ることができない部分の脂肪を医師が手探りで吸引することになります。皮下脂肪層には、脂肪細胞の他に神経や血管がたくさん存在していますので、熟練の手術技術を持っている医師に執刀してもらうようにしないと、血管や神経を必要以上に損傷されてしまうおそれがあります。また、滅多に起こらないことですが、脂肪層の下にある内臓を損傷してしまう可能性も否定しきれませんので、豊富な脂肪吸引実績を持っている医師に執刀してもらうようにすることが、とても重要になってきます。ただし、最近になって、事前に脂肪を剥がれやすくする処理を施してから吸引する方法が開発されたため、周辺組織を損傷してしまうリスクが大きく軽減されました。様々な方法がありますが、現在最も注目されているのはベイザー波を用いる方法です。皮膚の上からベイザー波を照射すると、血管や神経にはダメージを与えずに、皮下脂肪だけを溶解することができます。脂肪をドロドロに溶かしてから吸引しますので、低い圧力で簡単に吸引することができます。体が受けるダメージをかなり低く抑えることができる方法であるため、ベイザー脂肪吸引を受ける人が少しずつ増えてきています。